NEWS

2018サッカーW杯ロシア大会 日本と同じH組のコロンビアは軍がナショナルチームの応援映像を投稿

海外軍事
2018年のサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会における1次リーグの組み合わせ抽選会が、モスクワ・クレムリンでおこなわれた。

日本と同じくH組となったコロンビアでは、「我がナショナルチームはコロンビアの為に戦う。そして我々軍は、名誉と忠誠心を持った伝統ある組織として国民の為に奉仕する」の主旨と合わせた応援映像を投稿している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    フル装備をした兵士×総勢10名が、緑のピッチに登場。ゴールキーパーの前で壁を造るなど、共にワールドカップを戦い抜くことを表現しているようにもみえる。

    日本チームは来年6月に、コロンビアの他、ポーランド、セネガルと同じリーグの中で戦うことになる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop