NEWS

米海軍特殊作戦司令部が空中輸送可能な戦術車輌「フライヤー60」を多用途任務に向けて評価中

海外軍事

Photo from GD-OTS
米海軍特殊作戦司令部(NSWC: Naval Special Warfare Command)が、ゼネラル・ダイナミクス・オードナンス・アンド・タクティカル・システムズ(GD-OTS: General Dynamics Ordnance and Tactical Systems)の戦術用途車輌「フライヤー(Flyer)60」を、多用途な任務に向けて評価中であることが分かった。軍事情報サイトのシェファードが軍当局関係者筋からの情報として報じている。

関連記事:
GMV 1.1 米特殊作戦部隊向け車輛、GD-OTS が受注

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Flyer 60 Armored Variant / GD-OTS


    Photo: Flyer 60 Armored Variant / GD-OTS


    Photo: Flyer 72 / GD-OTS
    フライヤー60は、海軍特殊部隊SEALチームをはじめ、SOCOM隷下の実動部隊において先行して納品されている「フライヤー72」より一回り小さく、既に実用されているポラリス・ディフェンス製ATVの「MRZR-2」よりも大きな車体を持つ。

    特殊作戦司令部(SOCOM)は、特に戦術用途車輌の能力拡張に対して関心を示しており、固定翼輸送機C-130ハーキュリーズや、CH-47チヌーク、V-22オスプレイといった回転翼機での輸送を可能とするフライヤー60を「初期輸送車輌(ITV: Internally Transportable Vehicle)」の1つとして検討している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表
    陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」
    マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開 (2017-09-19 19:15)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」 (2017-09-15 17:30)
     ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表 (2017-09-14 16:51)
     陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」 (2017-09-14 12:47)
     マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定 (2017-09-13 17:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop