NEWS

米海軍特殊作戦司令部が空中輸送可能な戦術車輌「フライヤー60」を多用途任務に向けて評価中

海外軍事

Photo from GD-OTS
米海軍特殊作戦司令部(NSWC: Naval Special Warfare Command)が、ゼネラル・ダイナミクス・オードナンス・アンド・タクティカル・システムズ(GD-OTS: General Dynamics Ordnance and Tactical Systems)の戦術用途車輌「フライヤー(Flyer)60」を、多用途な任務に向けて評価中であることが分かった。軍事情報サイトのシェファードが軍当局関係者筋からの情報として報じている。

関連記事:
GMV 1.1 米特殊作戦部隊向け車輛、GD-OTS が受注

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Flyer 60 Armored Variant / GD-OTS


    Photo: Flyer 60 Armored Variant / GD-OTS


    Photo: Flyer 72 / GD-OTS
    フライヤー60は、海軍特殊部隊SEALチームをはじめ、SOCOM隷下の実動部隊において先行して納品されている「フライヤー72」より一回り小さく、既に実用されているポラリス・ディフェンス製ATVの「MRZR-2」よりも大きな車体を持つ。

    特殊作戦司令部(SOCOM)は、特に戦術用途車輌の能力拡張に対して関心を示しており、固定翼輸送機C-130ハーキュリーズや、CH-47チヌーク、V-22オスプレイといった回転翼機での輸送を可能とするフライヤー60を「初期輸送車輌(ITV: Internally Transportable Vehicle)」の1つとして検討している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop