NEWS

ニュージーランド陸軍特殊部隊(NZSAS)と共に活動する「女性だけ」のチームが編成

海外軍事

Photo from New Zealand Defense Force
This photo is for illustration purposes only.
ニュージーランド国防軍の特殊部隊と行動を共にする「女性」だけのチームが編成される。

国内メディアによると、海外派兵の際、陸軍特殊部隊SAS(NZSAS)と共に行動するこのチームは、女性6名で編成される1個チームになるとのこと。文化的に男性SAS隊員が現地女性と話すことを容認されない地域での活動に貢献することや、若者とのコミュニケーションに一役買うことを狙っている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    6名の女性隊員はいずれも、SAS隊員と行動を共にするため、それ相応の頭脳と筋力、それに強靭さが求められるが、SAS隊員の証であるバッジを持つメンバーではない。


    Photo By: Sgt. Jesse Stence
    この動きは同盟国である米軍の海兵隊が先行して運用していた「FET(Female Engagement Team )」の事例に倣ったものであることが示されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に
    米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討
    ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に (2018-01-16 14:52)
     米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討 (2018-01-16 13:10)
     ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる (2018-01-16 11:26)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開 (2018-01-12 19:49)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop