NEWS

ニュージーランド陸軍特殊部隊(NZSAS)と共に活動する「女性だけ」のチームが編成

海外軍事

Photo from New Zealand Defense Force
This photo is for illustration purposes only.
ニュージーランド国防軍の特殊部隊と行動を共にする「女性」だけのチームが編成される。

国内メディアによると、海外派兵の際、陸軍特殊部隊SAS(NZSAS)と共に行動するこのチームは、女性6名で編成される1個チームになるとのこと。文化的に男性SAS隊員が現地女性と話すことを容認されない地域での活動に貢献することや、若者とのコミュニケーションに一役買うことを狙っている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    6名の女性隊員はいずれも、SAS隊員と行動を共にするため、それ相応の頭脳と筋力、それに強靭さが求められるが、SAS隊員の証であるバッジを持つメンバーではない。


    Photo By: Sgt. Jesse Stence
    この動きは同盟国である米軍の海兵隊が先行して運用していた「FET(Female Engagement Team )」の事例に倣ったものであることが示されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop