NEWS

米海軍、故クリス・カイル (Chris Kyle) 氏のメダル数のカウントを「引き下げ」

海外軍事

Photo: Chris Kyle
軍の内部資料と自叙伝との間で、叙勲のメダル個数が合わないことから騒動となっていた、元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員で、米軍史上最多キル数の記録を持つ故クリス・カイル (Chris Kyle) 氏。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AP 通信によると、海軍の調査結果は「シルバースターが 1 つと、V デバイス付きを含む 4 つのブロンズスター」であったことが分かった。これはカイル氏の自叙伝に記載されていた「私はシルバースター 2 つとブロンズスター 5 つを受けた」とする記述から、減ったものとなっている。

    関連記事:
    「アメリカン・スナイパー」故クリス・カイル氏、内部資料と自叙伝でメダル個数が合わず騒動に

    【前回】
    ・インターセプト (確認済のみ)
    「シルバースター 1 個とブロンズスター 3 個」

    ・自叙伝
    「シルバースター 2 個とブロンズスター 5 個」

    ・除隊書類 (DD214)
    「シルバースター 2 個とブロンズスター 6 個」

    【今回】
    ★海軍調査報告 (DD214 再発行)
    「シルバースター 1 個とブロンズスター 4 個」
    海軍スポークスマンによると、「海軍は (疑惑の報道を受けて) 6 月 14 日から調査をおこなっていた」「どのような経緯でメダル個数のミスカウントが発生したかは分からない」「しかし書類発行手続きの中で今回のようなミスが起きることは、そう珍しいことではない」と言及している。

    なお、AP 通信によれば、海軍は今回話題に上がった「除隊証明書 (DD214 forms) 」を 2015 年だけでも 3,800 回訂正しているとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop