NEWS

ドイツ警察部隊への納品が進むシグ・サワー社の新型アサルトライフル「SIG MCX」

海外軍事

Photo from SigSauer-LE.com
This photo is for illustration purposes only.
ドイツ最北端、デンマークとの国境を臨むシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の警察が、新型の対テロ用中距離火器として、シグ・サワー社の新型アサルトライフル「SIG MCX」の受領を予定している。連邦内務省によると、552挺の導入を計画しており、2018年初旬にも納品される見込み。

ドイツ警察におけるSIG MCXの導入については、ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)製ベストセラー9㎜サブマシンガン「MP5」からのリプレイスを緩やかに前進させ、治安部隊による銃器調達の潮流を明確化するものだとして報じられた経緯がある。

関連記事:
ドイツの警察部隊がシグ・サワー社の「MCX」ライフル×数百挺を発注。MP5からのリプレイスが緩やかに前進

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    納品されるSIG MCXは、セミオートのみの仕様となっており、アクセサリー類を含めて120万ユーロ(=約1億6,000万円)。シュレースヴィヒ=ホルシュタインは全国の州に先駆けてSIG MCXの導入を計画しており、その傾向は他の州にも順次波及すると見込まれている。


    Foto: Mario Firyn
    また、国内日刊紙のビルトも、「これこそがベルリンの警察部隊に向けて、415挺に渡って納品される予定にある新型の対テロリスト用火器だ」とする見出しの記事を投稿。ベルリンから400キロメートルほど離れたシュレースヴィヒ=ホルシュタインにおいて、100名が勤務しているというシグ・サワー社の工場見学記と共にMCXの細部を紹介している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop