NEWS

新型狙撃銃『Mk13 MoD7』は米海兵隊の「主力スナイパーライフル」に

海外軍事

U.S. Marine Corps photo by Kristen Murphy
バージニア州クワンティコの米海兵隊基地で、新型スナイパーライフル『Mk13 MoD7』を使ったスカウトスナイパーによる訓練がおこなわれた。

Mk13 MoD7は、これまで運用されてきたモデルと比較して、「距離」「精度」の両面が向上したボルトアクション式のスナイパーライフル。「.300ウィンチェスター・マグナム弾」を採用したことにより、1,200メートルほどの射程を持ち、これまで900メートルほどであったM40の射程を300メートルほど延伸。これにより戦場での優位性確保を実現している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo by Monique Randolph
    既に特殊部隊『MARSOC』では「主力スナイパーライフル(primary sniper rifle)」として運用されているとのことだが、海兵隊システム司令部(MCSC: Marine Corps Systems Command)では、Mk13 MoD7の配備が進めば、一般海兵においても「主力スナイパーライフル」になるとしている。

    それに向けた準備が着実に進められており、既に4月上旬には現役・予備役・訓練部隊に跨るその新装備訓練を完了しているとのこと。2018年後半から2019年に掛けて配備を進める計画を打ち立てている。


    U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Jon Sosner
    また、Mk13 MoD7の配備が進むことで、その他スナイパーライフルの今後の運用も気になるところ。MCSCによると、「M40A6」については残存するものの、主に訓練用途で利用される「代替スナイパーライフル」の1つ(an alternate sniper rifle)になることが示されている。また「M110」および「M107」については、スカウトスナイパー装備セットにおける「付加的な武器(additional weapons within the scout sniper equipment set)」として引き続き運用されるという。


    U.S. Marine Corps photo by Kristen Murphy
    2月に海軍省が発出した「2019会計年度の予算見積もり書」によると、Mk13ライフルはインディアナ州の海軍海上戦闘センター・クレーン(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)を契約元とし、単価12,000ドル(=約127万円)×356挺、総額約427万ドル(=約4億5,000万円)の予算と共に「2018年5月にその第一陣がデリバリー予定」であること示されていた。

    関連記事:
    米海兵隊に新型スナイパーライフル『Mk13 MoD7』の配備が開始

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入
    フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約
    アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入 (2018-07-20 12:05)
     フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約 (2018-07-18 12:15)
     アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結 (2018-07-18 11:16)
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop