米陸軍でMHS選定ピストル「SIG P320」のテストが始まる

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo Credit: U.S. Army photo by Lewis Perkins
新型モジュラー・ハンドガン・システム(MHS: Modular Handgun System)として採用が決まったシグ・サワー社のP320ピストル。その実射テストが3日、米陸軍フォートブラッグの射撃レンジで始まった。今後数週間を掛けてフォートブラッグ内の様々なサービスメンバーがテストをおこなう予定にあるという。

関連記事:
米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo Credit: U.S. Army photo by Lewis Perkins
    陸軍で携行火器の計画責任者を務めているクリスティナ・スミス(Christina Smith)大尉は、MHSの品質確認のために様々な試射レンジを飛び回った。「P320は兵士にとって適切な製品であることの確証が得れた」とスミス大尉は言う。


    Photo Credit: U.S. Army photo by Lewis Perkins


    Photo Credit: U.S. Army photo by Lewis Perkins
    試射を引き受けた「テスター」は一般兵士だけでなく、第160特殊作戦航空連隊の隊員、憲兵隊員、飛行士、整備員など幅広い職種から選ばれている。現場の兵士にとっては、日々の任務で携行する「道具」。そのため、幅広いテスターに試させることでサンプルの母数を稼ぎ、選定されたMHSが如何に適切な製品であったかの確証を得たかったことが背景にある。

    この確認作業の中では、M4との相互運用性、寒冷地での機能性などが現場の声としてフィードバックされている。

    これら膨大な作業を踏まえ、陸軍は「P320が配備されれば、現行M9以上に改良されており、耐久性、順応性と、その高いパフォーマンスが提供されるだろう」と自負している。

    陸軍でのテスト以降、海軍、空軍、海兵隊の兵士らの試射が続く予定となっている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop