NEWS

爆発物を発見する探知犬に新技術

海外軍事

U.S. Air Force photo/ Staff Sgt. Stephenie Wade
This photo is for illustration purposes only.
戦場での爆発物の探知、空港で麻薬や違法薬物の発見・・・。現在、これらの仕事で活躍しているのが、訓練を受けた探知犬である。彼らはどんなに危険でも任務に忠実であり、ほとんどミスがない。それゆえ人間の身代わりになってしまうことも多い。この犬の臭気探知能力を機械的なシステムにすることができれば、そんな忠実な彼らの犠牲を少なくすることができるだろう。

関連記事:
アフガン派兵出発の地での再会を果たす為、パープルハートを首に下げて治療に当たる軍用犬

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    国立標準技術研究所(NIST)によると、マサチューセッツ工科大学リンカーン研究所や米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)の技術者は、流体力学と飛沫同伴(entrainment)を使って、空力学上の範囲を広げ、驚くほど遠距離から気体をサンプル化し、臭いの元を特定できる装置を開発した。この装置を既存の探知犬の鼻に取り付けることで、従来の18倍の距離で臭いを探知できるようになったという。

    研究者によると、犬の臭い探知システムの原理を応用して探知装置を改良すれば、爆発物や麻薬だけでなく、病原体や癌細胞までサンプル化できるかもしれないという。

    しかし、この技術はまだまだ完成には遠く、今後の研究で、臭いを探知する距離の増加、内容物の分析のスピードアップなどが図られることになる。

    Text: 友清仁 - FM201612

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop