NEWS

爆発物を発見する探知犬に新技術

海外軍事

U.S. Air Force photo/ Staff Sgt. Stephenie Wade
This photo is for illustration purposes only.
戦場での爆発物の探知、空港で麻薬や違法薬物の発見・・・。現在、これらの仕事で活躍しているのが、訓練を受けた探知犬である。彼らはどんなに危険でも任務に忠実であり、ほとんどミスがない。それゆえ人間の身代わりになってしまうことも多い。この犬の臭気探知能力を機械的なシステムにすることができれば、そんな忠実な彼らの犠牲を少なくすることができるだろう。

関連記事:
アフガン派兵出発の地での再会を果たす為、パープルハートを首に下げて治療に当たる軍用犬
国立標準技術研究所(NIST)によると、マサチューセッツ工科大学リンカーン研究所や米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)の技術者は、流体力学と飛沫同伴(entrainment)を使って、空力学上の範囲を広げ、驚くほど遠距離から気体をサンプル化し、臭いの元を特定できる装置を開発した。この装置を既存の探知犬の鼻に取り付けることで、従来の18倍の距離で臭いを探知できるようになったという。

研究者によると、犬の臭い探知システムの原理を応用して探知装置を改良すれば、爆発物や麻薬だけでなく、病原体や癌細胞までサンプル化できるかもしれないという。

しかし、この技術はまだまだ完成には遠く、今後の研究で、臭いを探知する距離の増加、内容物の分析のスピードアップなどが図られることになる。

Text: 友清仁 - FM201612

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop