NEWS

ロシアナショナルガード特殊部隊向けの新型バギーがトライアル中

海外軍事 Comments(0)
ロシア ナショナルガード (Rosgvardiya: Russia's National Guard) の特殊部隊向けに配備が予定されている新たなバギーが、チェチェン・グルデメスに新設されたばかりの国際特殊部隊訓練センター (ITCSF: International Training Center for Special Forces) において、現在テストに供されている。法執行機関で幹部を務めるダニエル・マルティノフ (Daniel Martynov) 氏が、ロシア情報リソース、ロシア NOW (RBTH: Russia Beyond the Headlines) のインタビューの中で答えている。

関連記事:
チェチェンに建設中の 国際特殊部隊訓練センター (ITCSF)
この新型のバギーは、偵察や負傷者護送を主務として投入され、悪路での高い走破能力を活かして、武装勢力の拠点を急襲する際にも使われる見込み。なお、遠隔地には輸送機を使って運搬されるとしている。

北カフカスでの山岳でおこなわれるフィールドトライアルをパスした後、来年にも量産開始が予定されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop