NEWS

ロシアナショナルガード特殊部隊向けの新型バギーがトライアル中

海外軍事
ロシア ナショナルガード (Rosgvardiya: Russia's National Guard) の特殊部隊向けに配備が予定されている新たなバギーが、チェチェン・グルデメスに新設されたばかりの国際特殊部隊訓練センター (ITCSF: International Training Center for Special Forces) において、現在テストに供されている。法執行機関で幹部を務めるダニエル・マルティノフ (Daniel Martynov) 氏が、ロシア情報リソース、ロシア NOW (RBTH: Russia Beyond the Headlines) のインタビューの中で答えている。

関連記事:
チェチェンに建設中の 国際特殊部隊訓練センター (ITCSF)

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    この新型のバギーは、偵察や負傷者護送を主務として投入され、悪路での高い走破能力を活かして、武装勢力の拠点を急襲する際にも使われる見込み。なお、遠隔地には輸送機を使って運搬されるとしている。

    北カフカスでの山岳でおこなわれるフィールドトライアルをパスした後、来年にも量産開始が予定されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop