NEWS

銃剣とアンダーバレルグレネードランチャーを同時に使用できるようになるバヨネットアダプタ

海外軍事

Photo from NextGen Defence Research Web Page
銃身に取り付ける銃剣は銃身下に装着するグレネードランチャーと干渉してしまう。そこで銃身の横に銃剣を取り付けることのできるアダプタが色々考案されている。

NextGen Defense Research LLCが開発した「XM203A1・A2」もこうしたバヨネットマウントのひとつ。スリングマウントと共締めするだけで、左右いずれかの方向にバヨネットラグを装着することができ、ライトやランチャーを避けることができる。

Photo from NextGen Defence Research Web Page

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    支給品ではなく私物としてだが、イラクでの使用例もあるようだ。

    Photo from NextGen Defence Research Web Page

    銃剣は時代遅れな装備と思われがちだが、銃剣をつけた小銃を持った兵士の隊列が持つ威圧感は儀仗や暴徒鎮圧の時などには欠かすことができない。

    また、少人数での偵察時などには退却の際に追跡されるのを防ぐべく、事前にタイヤをパンクさせて走行不能にするのにも有用である。Mako社がこの用途に特化したスパイクを販売している。筒状であるため装着したまま射撃でき、タイヤから抜けなくなってもすぐにスペアと交換できる。

    Shoot-Through Bayonet | Special Forces Stealth Tactics | Tactical Rifleman

    他にもプロトタイプ止まりであるが、ガイズリー社もレイルマウント式のバヨネットラグを開発している。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop