NEWS

ノルウェー議会、シリアのダーイッシュ (IS) 討伐支援に向けて特殊部隊員など 60 名の派遣を承認

海外軍事 Comments(0)

Photo: Forsvarets Spesialkommando
ノルウェー議会が 6 月 22 日付で、ヨルダンへ特殊部隊の派遣を承認した。ロイター通信によると、シリア国内でダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) との戦いに臨んでいるシリア人戦闘員への戦術指南と支援が目的であり、60 名規模の派遣を今夏にも予定している。

ノルウェー軍は最近、精鋭の陸軍テレマーク (Telemark) 大隊を中心とした 120 名規模の兵力をイラク北部に派遣し、ダーイッシュに対抗するクルド人部隊の訓練に充てていた。
軍事情報サイト「サウス・フロント」によると、ノルウェー軍特殊部隊の派遣先は「十中八九間違い無く「新シリア軍 (NSyA: New Syrian Army) 」である」としている。NSyA は、米国を中心とした連合国軍の支援を後ろ盾に持つ、対ダーイッシュを掲げたグループ。連合軍各国の特殊部隊が、軍事アドバイザーとして戦闘支援をおこなっているとされる。

ノルウェー軍特殊部隊 (NORSOF: Norwegian Special Operations Forces) には FSK (Forsvarets Spesialkommando) と MJK (Marinejegerkommandoen) と呼ばれる 2 つの特殊部隊の存在が知られている。米国の特殊部隊情報サイト SOFREP によると、FSK は陸軍特殊部隊デルタフォースに似た部隊であり、一方の MJK については海軍特殊部隊 SEAL とほぼ同等であるとして紹介している。

Eirik, spesialjeger og sjef for Forsvarets spesialkommando

Marinejegerkommandoen - Exercise hostage


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop