2016年度版の米国向け銃器輸出の国別ランキングで1位はオーストリア。9位に日本がランクイン

海外軍事 国内軍事関連 Comments(0)

Screenshot from Statista
クロアチアの日刊紙「ユタルニ・リスト(Jutarnji List)」が、ドイツの統計グラフサービス「スタティスタ(Statista)」の数値を基に、「2016年度における米国向け銃器輸出の国別ランキングで我が国が第3位に入った」と報じている。
1位はグロックで有名なオーストリアで、2位はブラジル、4位にドイツがその後を追いかけ、9位には日本がランクインしている。

3位クロアチアの輸出を支えているのは「VHS-2」アサルトライフルや「HS 2000」セミオートピストルの開発・製造で知られるHS Produkt社の名が挙げられている。同社は1991年オザリに創設された企業で、2001年に米国のスプリングフィールド・アーモリー(Spring Field Armory)と長期契約を交わしている。
15年間で総額1億ユーロ(=約130億円)、60万挺ほどを手掛ける世界屈指のピストル製造事業者であり、その97%が米国市場に向けて出荷されるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop