NEWS

米海軍が損傷した四肢を保護するACCSILを開発

海外軍事

U.S. Air Force photo/Airman 1st Class Benjamin Wiseman
Image is for illustration purposes only.
爆発後すぐに手足の損傷を治療することは急務とされている。多量の出血による外傷出血性ショックや手足を保護するために起因する細菌等による感染症を素早く防止するために開発され、最大72時間四肢組織を新鮮に保つことができるとされている。

Photo: Acute Care Cover for the Severely Injured Limb (ACCSIL) via ONR
これが実用化されれば、今まで患者輸送にかかる時間で治療困難とされた損傷であっても再生又は最良の治療が可能になる。ACCSIL (Acute Care Cover for the Severely Injured Limb) は非常に優れたアイテムとなるだろう。

通常、損傷した四肢を保護するのに大量の包帯やラッピングテープが必要になり、それを処置している間、多大な時間を浪費する。これを迅速かつ確実にラッピングできるものとなっている。必要とする医療品が1つにパッケージ化されていることにも注目すべきである。

このACCSILプロジェクトは試作段階であり2017年には何らかのアプリケーションとして発表されるかもしれない。

Text: RETRASH - FM201612
タグ :ACCSILBattelle

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言
米空軍最後の現役F4ファントムⅡによる最後のフライト
イラクのモースル大学がダーイッシュ (IS) から解放。米陸軍特殊部隊オペレーターの写真が話題に
米陸軍の次期制式ピストル (MHS) にシグ・サワー社の SIG P320 が選定
米国ショットショーで H&K 社が米陸軍の次期セミオート式狙撃銃 M110A1 CSASS を展示
「ビン・ラディン急襲作戦時、ST6隊員が使用した全てのHK416にEMAGが装着」マグプル社がPMAG 10年史で紹介
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言 (2017-01-20 21:22)
 米空軍最後の現役F4ファントムⅡによる最後のフライト (2017-01-20 19:57)
 イラクのモースル大学がダーイッシュ (IS) から解放。米陸軍特殊部隊オペレーターの写真が話題に (2017-01-20 17:07)
 米陸軍の次期制式ピストル (MHS) にシグ・サワー社の SIG P320 が選定 (2017-01-20 12:12)
 米国ショットショーで H&K 社が米陸軍の次期セミオート式狙撃銃 M110A1 CSASS を展示 (2017-01-19 17:45)
 「ビン・ラディン急襲作戦時、ST6隊員が使用した全てのHK416にEMAGが装着」マグプル社がPMAG 10年史で紹介 (2017-01-19 13:41)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop