NEWS

アメリカ海兵隊 Optics 1社のレーザーレンジファインダー「I-CUGR」を採用

海外軍事

Photo from Optics 1
アメリカ海兵隊が狙撃手向けの装備としてフランス・サフラングループ傘下にあるOptics 1社の小銃マウント型レーザーレンジファインダー(mLRF)「I-CUGR」を採用した。今年は315ユニットが納入される。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    I-CUGRは小銃にマウントされ、両手を銃から離さず任意の地点までの距離計測が行える。同様の製品としてはAN/PSQ-23やWilcox社のRAPTAR、SilencerCo Weapons Research(SWR)社のRADIUSなどがある。計測データはKestrelの気象計やApplied Balisticsといった弾道計算ソフトウェアと接続し、初弾の命中率を向上させることができるという。


    Photo from Optics 1

    2017年3月に行われたアメリカ陸軍特殊部隊スナイパー・コンペティションでもほとんどのチームがこうしたmLRFを使用していたことからも、その利便性は伺える。

    Photo from U.S. Army

    またmLRFは特殊部隊や狙撃手だけでなく一般部隊にも配備が進みつつある。砲兵や航空機への支援要請では正確な距離を素早く把握することが重要であり、オーストラリア陸軍ではL3 Technologies社のSRFが2016年から分隊レベルで配備されている。

    Source: Safran selected for USMC Sniper Range Finder (SRF) program - Safran Electronics Defense

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop