NEWS

米国医療機器メーカーの開発による特殊部隊向けの新型痛痒管理機器「オスカ・パルス」

海外軍事 Comments(0)

Image: Oska Wellness, Inc.
兵士の負傷といえば、銃創だけとは決まっていない。筋肉痛や腰痛、捻挫など、兵士は日々悩まされている。アメリカの医療機器メーカーのオスカ社(Oska Wellness, Inc.)は、アメリカ軍特殊部隊向けの新型の痛痒管理(Pain Management)機器の開発に取り組んでいる。
オスカ社の試作品はすでに新兵訓練で実用試験が行われている。肉体を酷使している新兵に使用したところ、負傷率や落伍者が減ったという。特に筋肉痛を軽減する働きが著しかったという。

この痛痒管理機器は「オスカ・パルス(Oska Pulse)」と呼ばれ、電磁波を体に流すことで、電磁波が骨や組織を貫通して、体内の栄養や酸素を組織に浸透させ、老廃物を取り除くのを助けることで筋肉痛や捻挫の痛みを軽減する。

オスカ社の研究部門は、携帯可能で、薬物を使用しない、操作が簡単な機器の開発に長年取り組んでいる。

オスカ・パルスは、①筋肉の緊張を解き、②骨を回復、③毛細血管を広げ、④痛みを和らげるといった4種類の電磁波を使い分けることで、体内にあるエンドルフィン(脳内麻薬の一種)の分泌を促進し、効率的に苦痛を軽減し、回復させることができる。

現在、この機器は研究・開発中であるが、究極的には、慢性疾患の痛痒管理やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの治療に使用できるかもしれないという。

Text: 友清仁 - FM201610

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop