NEWS

テロ事件を未然に防ぐ、ポーランドとリトアニア特殊部隊による武器密輸阻止を狙ったシナリオ訓練映像

海外軍事 Comments(0)
NATO は公式 FaceBook を通じて、リトアニアとポーランド両国の特殊部隊による、武器密輸の阻止を目的としたシナリオ訓練の映像を公開した。

リトアニア国境、早朝 4:00 ―
シナリオ訓練では、私服姿に夜間暗視装置と武装をした両国の特殊部隊員が、武器密輸をしている容疑者の身柄を拘束する訓練がおこなわれた。
こうした訓練の背景には、毎年数百挺もの武器が、バルト諸国や東欧諸国を通じて違法に流通している現実がある。地下で流通している武器を根絶することが、テロリストの手に渡ることを防ぎ、潜在的なテロ事件発生の抑止に繋がると考えられている。

NATO では加盟国とパートナー諸国との間で協調し、シナリオ訓練を通じて最悪の事態に備えている。

訓練に参加したリトアニアの特殊部隊員は、「近い将来の実戦に向けて、我々は更に現実的なシナリオ訓練の場を踏む必要がある」と述べている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop