NEWS

テロ事件を未然に防ぐ、ポーランドとリトアニア特殊部隊による武器密輸阻止を狙ったシナリオ訓練映像

海外軍事
NATO は公式 FaceBook を通じて、リトアニアとポーランド両国の特殊部隊による、武器密輸の阻止を目的としたシナリオ訓練の映像を公開した。

リトアニア国境、早朝 4:00 ―
シナリオ訓練では、私服姿に夜間暗視装置と武装をした両国の特殊部隊員が、武器密輸をしている容疑者の身柄を拘束する訓練がおこなわれた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    こうした訓練の背景には、毎年数百挺もの武器が、バルト諸国や東欧諸国を通じて違法に流通している現実がある。地下で流通している武器を根絶することが、テロリストの手に渡ることを防ぎ、潜在的なテロ事件発生の抑止に繋がると考えられている。

    NATO では加盟国とパートナー諸国との間で協調し、シナリオ訓練を通じて最悪の事態に備えている。

    訓練に参加したリトアニアの特殊部隊員は、「近い将来の実戦に向けて、我々は更に現実的なシナリオ訓練の場を踏む必要がある」と述べている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop