ポーランド史上初の国産個人携行火器システム、自動小銃「MSBS」の名称が『GROT』に決定。第一陣5.3万挺が陸軍に納品

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ポーランドの国営軍需企業であるポルスカ・グルパ・ズブロイェニョーヴァ社(PGZ: Polska Grupa Zbrojeniowa S.A.)傘下にある、ラドム(Radom)のウゥチニク兵器廠(Fabryka Broni Lucznik - Radom)が、国産アサルトライフル「MSBS(Modułowego Systemu Broni Strzeleckiej)」の実射の様子を収めたPVを公開した。

関連記事:
ポーランド防衛展示会「MSPO 2015」で、国産アサルトライフル「MSBS」全ファミリーが初展示

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    また同兵器廠は、納入第一陣となる53,000挺が近く陸軍に到着することを明かした他、キエルツェで開催中の国際防衛産業展示会「MSPO (Międzynarodowy Salon Przemysłu Obronnego) 2017」において、数億ズロチ(1ズロチ=約30円)におよぶ調達契約が交わされたことを明かしている。これは、ポーランドが民主化された1989年以降で最大の小銃契約になるとしている。

    MSBSの開発は、2007年からウゥチニク兵器廠と首都ワルシャワにある軍事技術大学「WAT(Wojskowa Akademia Techniczna)」が協力しておこなってきた。完全ポーランド設計による同国史上初の個人携行火器システムとなる。


    Screen shot from Fabryka Broni "Łucznik" Radom official FaceBook movie
    同兵器廠はPVの中で、MSBSの名称が「GROT」と名付けられたことも明かしている。これは「槍の穂先」「矢じり」を意味するもので、輸出を見据えているかは定かではないが、名称にポーランド語特有の文字が含まれていないことや、外国人が直感的に読み方を連想できる4文字のシンプルな単語で構成されていることからも、認知度を高める上で好感触となりそうだ。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される
    「登場人物の多くは偽名」「ODA 595のうち乗馬経験者は1人」…映画「12 Strong」の裏話
    H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録
    ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス
    チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討
    中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される (2018-01-23 10:27)
     「登場人物の多くは偽名」「ODA 595のうち乗馬経験者は1人」…映画「12 Strong」の裏話 (2018-01-22 18:42)
     H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録 (2018-01-19 20:36)
     ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス (2018-01-19 16:40)
     チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討 (2018-01-19 14:45)
     中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される (2018-01-18 19:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop