ポーランド史上初の国産個人携行火器システム、自動小銃「MSBS」の名称が『GROT』に決定。第一陣5.3万挺が陸軍に納品

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ポーランドの国営軍需企業であるポルスカ・グルパ・ズブロイェニョーヴァ社(PGZ: Polska Grupa Zbrojeniowa S.A.)傘下にある、ラドム(Radom)のウゥチニク兵器廠(Fabryka Broni Lucznik - Radom)が、国産アサルトライフル「MSBS(Modułowego Systemu Broni Strzeleckiej)」の実射の様子を収めたPVを公開した。

関連記事:
ポーランド防衛展示会「MSPO 2015」で、国産アサルトライフル「MSBS」全ファミリーが初展示

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    また同兵器廠は、納入第一陣となる53,000挺が近く陸軍に到着することを明かした他、キエルツェで開催中の国際防衛産業展示会「MSPO (Międzynarodowy Salon Przemysłu Obronnego) 2017」において、数億ズロチ(1ズロチ=約30円)におよぶ調達契約が交わされたことを明かしている。これは、ポーランドが民主化された1989年以降で最大の小銃契約になるとしている。

    MSBSの開発は、2007年からウゥチニク兵器廠と首都ワルシャワにある軍事技術大学「WAT(Wojskowa Akademia Techniczna)」が協力しておこなってきた。完全ポーランド設計による同国史上初の個人携行火器システムとなる。


    Screen shot from Fabryka Broni "Łucznik" Radom official FaceBook movie
    同兵器廠はPVの中で、MSBSの名称が「GROT」と名付けられたことも明かしている。これは「槍の穂先」「矢じり」を意味するもので、輸出を見据えているかは定かではないが、名称にポーランド語特有の文字が含まれていないことや、外国人が直感的に読み方を連想できる4文字のシンプルな単語で構成されていることからも、認知度を高める上で好感触となりそうだ。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop