ポーランド企業がスズキ製Hayabusaエンジンを搭載した軍用ホバーバイク「ラプター」を初公開

海外軍事国内軍事関連

Photo from Hoverbike
ポーランド・キエルツェで開催中の国際防衛産業展示会「MSPO (Międzynarodowy Salon Przemysłu Obronnego) 2017」において、首都ワルシャワに本社を置くホバーバイク社が、軍用ホバーバイク「ラプター」を初展示した。

関連記事:
米陸軍で開発中のホバーバイク「統合戦術空中補給機 (JTARV) 」の試作機が試験飛行

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Hoverbike
    オートバイとヘリコプターを組み合わせた造りのこのホバーバイクは、重量300キログラム、最大積載重量140キログラム。高度900メートルで最高速度は時速110キロメートルとなり、最大で150キロメートルの移動が可能という。


    Screen shot from Hoverbike
    ラプターの主動力は、1,300ccのスパークイグニッションを搭載した強化型スズキ製Hayabusaエンジンと、30kWの発電機との統合によって構成されたハイブリッドシステムで、330馬力を出力する。このハヤブサエンジンについてホバーバイク社は、「地球上で最速の空のハンターである隼の名に相応しいエンジンだ」と高く評価している。


    Photo from Hoverbike


    Photo from Hoverbike
    ラプターの機体は、その開発に3年の歳月を要し、試作第一号機が完成したのはまだ2ケ月前とのこと。今回の展示モデルでは1人乗りとなっているが、試作2号機以降では2名、3名での搭乗を可能としたモデルを開発することが予定されており、将来的には特殊作戦での利用を見込んでいる。

    次回、中東ドバイで11月12日から16日に開催されるドバイ航空ショーにおいて展示が予定されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop