「"ポーランド・ファイティング・サイン"に尊厳を」特殊部隊 JWK が協力したキャンペーン動画『Symbol』

映画・テレビ
ポーランド軍特殊部隊 JWK( Jednostka Wojskowa Komandosow )が協力した“ポーランド・ファイティング・サイン”のキャンペーン動画『 Symbol 』が、Youtube の Film Produkcja 公式チャンネルで公開された。
本キャンペーンは、フーリガンなど暴力行為を行う者たちが“ポーランド・ファイティング・サイン( Znak Polski Walczącej もしくは Kotwica )”をそれらグループのシンボルとして掲げる傾向があるため、サインに込められた本来の意味を正す目的で行われたものである。キャンペーン公式サイトには「ポーランド・ファイティング・サインに尊厳をもって」と謳っており、多数の企業が賛同している。


Photo: via Wikimedia Commons
The Kotwica being painted on a wall by a member of the Polish resistance.
“ポーランド・ファイティング・サイン”は、第二次世界大戦中のポーランドで活動したナチス・ドイツに対抗するレジスタンス組織:国内軍(アルミア・クラヨーヴァ:Armia Krajowa / AK )の軍旗として1942年に誕生した。アルファベットの P と W で構成されるマークは、P =ポーランドと W =錨/アンカーを表し、ポーランドの“独立”と“回復への希望”の意味が込められている。

国の誇りでもあるサインが、時代が進むにつれ悪しきシンボルとして使用されだしたことを危惧し、ポーランド議会は2014年6月に“ポーランド・ファイティング・サイン”の保護に関する法律を可決した。また、同年よりポーランド軍特殊部隊 JWK のマークに採用された。


Image: JWK Unit insignia as of 2014
JWKは、国内軍の伝統を継承するポーランド軍最古の部隊であり、特別偵察/不正規戦/戦闘捜索救助/テロ対策/軍事支援/人質救出など活動は多岐に渡り、アフガニスタン、イラク、パキスタン、コンゴ民主共和国、マケドニア、シリア、カンボジアなどの戦闘地域へも赴いている。

2014年にはユニークな PV を公開している。参考動画:「1944 - 2014」
キャンペーン公式サイトには、JWK 司令官 Wiesław Kukuła 大佐の「非道な暴力行為をする者たちが、サインをシンボルとして利用することに反対する。我々 JWK は、サインに恥じないように敬意を持って、今後も職務に当たっていく」といった旨のコメントを掲載している。

Text: 弓削島一樹 - FM201608

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
イラク戦争の実体験に基づくNetflixオリジナル戦争映画「Sand Castle」が4/21より配信開始
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)
 イラク戦争の実体験に基づくNetflixオリジナル戦争映画「Sand Castle」が4/21より配信開始 (2017-03-07 15:47)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop