ポーランド国営軍需企業PGZが軽歩兵の編成に特化した新型迷彩「MAPA」を紹介

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from PGZ
ポーランド中心部のキエルツェで9月5日~8日を会期として開催中の国際防衛産業展示会「MSPO (Międzynarodowy Salon Przemysłu Obronnego) 2017」。国営軍需企業のポルスカ・グルパ・ズブロイェニョーヴァ社(PGZ: Polska Grupa Zbrojeniowa S.A.)は、その開催を告知するページをアップし、見どころになる装備品数点の紹介をおこなっている。

その中の1つ、国産の新迷彩「MAPA(Map in Polish)」が、PGZによって「軽歩兵の編成に特化した革新的な隠蔽システムだ」という評価と共に掲載されている。

関連記事:
ポーランド生まれの新迷彩「MAPA」が、森林地での作戦や市街地のポリスに向けたバリエーションを展開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    新型迷彩MAPAは、北部のバルト海に面したグダニスクで、デザイン・美術を専攻している博士課程だった学生、Maciej Dojlitko氏によって開発されたもので、国内の植生や戦域となり得る環境に配慮したデザインで開発が進められてきた。


    Photo from MAPA
    一方、MAPA公式FaceBookを見てみると、PGZのロゴが添えられた着用例の写真数点が掲載中となっている他、ここ最近の投稿で、森林フィールドにおける迷彩効果を試した際の写真も公開されている。


    Photo from MAPA


    Photo from MAPA
    戦力が展開される地域の環境や植生に合わせて、ヤドクガエルのような毒々しいデザインを持ちながらも、濃淡、パターンなど、幾つか用意され、見事なマッチングを実現させている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop