NEWS

ポーランド版シークレットサービス BOR と特殊部隊 GROM が参加。スタジアムでカウンターテロ訓練を実施

海外軍事
5 月 31 日、ポーランドで軍特殊部隊 JW GROM と ポーランド版シークレットサービスである BOR (Biuro Ochrony Rządu, [Eng] Government Protection Bureau) が参加したカウンターテロリスト訓練がおこなわれた。

既報の通り、ポーランドでは 7 月 8 日・ 9 日を会期として、首都ワルシャワで NATO サミットが開催される他、南部の古都クラクフでは、青年カトリック信者集会「世界青年の日 (WYD: World Youth Day, ワールドユースデイ) が開催されることから、対テロをにらんだ活動強化が図られている。

関連記事:
7 月の重要イベント開催を背景に、ポーランド警察が対テロ活動の紹介トレーラーを公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今回の訓練もその一環に当たるものと考えられ、国立サッカースタジアム、ワルシャワ国立競技場 (PGE Narodowy) を舞台に多くのエキストラを投入した訓練となっている。

    VIP 役がスタジアムに到着するや大きな爆発音と共に混乱に陥る状況から始まる。続けてもう 1 発大きな爆発音がした後、周辺一帯がテロリストによる銃撃に見舞われている。激しく銃火の飛び交う中、BOR 隊員らは大統領の身を覆って警護。

    一方で民間人についてはバスに誘導するも、多数の市民が犠牲となっている状況を想定しており、駆け付けた消防も事態の収拾に当たっている。その後も続くテロリストによる執拗な銃撃の中、次第に重武装の対テロ班が集結。追い込まれた犯人らを制圧している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop