四輪駆動+可動銃座・・・エアソフト用ドローンがちょっとスゴそう!

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連ミリタリー模型・フィギュア
ドローンといえば無人航空機を指すことが多いですが、装輪式や履帯車両もドローンと呼称されるケースがあります。

今回ご紹介するのはロシアのエアソフトゲーマーが製作した車両タイプ。
どちらかといえばドローンというよりラジコンといった方がピンとくる印象ですね。

関連記事:
ミリコスゲームで近接航空支援 (CAS) も、ナーフガンを搭載したラジコン A-10

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    サイズはやや大きめで全長は(見たところ)1mほど。

    Capture screen: via Project M.A.R.S. airsoft drone
    四輪駆動方式で、固定武装としてM249の電動ガンを搭載しています。

    Capture screen: via Project M.A.R.S. airsoft drone
    「すごく速い!」というほどではありませんが、想像以上にスムーズに動いています。

    Capture screen: via Project M.A.R.S. airsoft drone
    上部のM249から全体的なサイズ感はお分かりいただけるでしょうか。
    ちなみに送信機はRC用のプロポを使っています。

    Capture screen: via Project M.A.R.S. airsoft drone
    ガンカメラの画像も送信機に転送されており、画像を見ながらの射撃が可能。

    Capture screen: via Project M.A.R.S. airsoft drone
    実戦に投入した場合はヒット判定などいくつかの懸案がありますが、ちょっと想像してみてください。これがいるゲームってかなり盛り上がるのではないでしょうか。

    「大型オフロードカーのラジコンだとペイロード足りるかなぁ」「ワイヤレスカメラは2.4GHz帯かな」「このドローンを無敵にして全員で逃げるゲームとか」などと妄想が捗る「ロマン武器」だと思います。

    Text: 乾宗一郎 - FM201609

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop