NEWS

国際スナイパー・ペア競技会でプーチン大統領の警護などを主務とするロシア連邦警護庁の狙撃チームが優勝

海外軍事
Ruptly (ベルリンに拠点を置くメディア。ロシア連邦国営メディアであるロシア・トゥデイグループの傘下) は、ロシア連邦 クラスノダール・エイスク近郊のヴォロンツォフカ演習場で行われた、第 11 回 国際狙撃手ペア競技会の動画を公開した。
この大会ではロシアの連邦警護庁狙撃チームが優勝し、2 位にはベラルーシ大統領警護部隊の狙撃チームが入賞としたことが報じられている。なお、ベラルーシの他に、中華人民共和国、カザフスタン共和国も参加しているようだが、欧州諸国での参加は無かったようだ。

今大会で優勝したロシア連邦警護庁という組織は、ロシア連邦において大統領をはじめとする、政府の重要人物の警護及び政府庁舎の警備を主任務している政府機関である。

Text: WT83 - FM201610

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop