NEWS

国際スナイパー・ペア競技会でプーチン大統領の警護などを主務とするロシア連邦警護庁の狙撃チームが優勝

海外軍事
Ruptly (ベルリンに拠点を置くメディア。ロシア連邦国営メディアであるロシア・トゥデイグループの傘下) は、ロシア連邦 クラスノダール・エイスク近郊のヴォロンツォフカ演習場で行われた、第 11 回 国際狙撃手ペア競技会の動画を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    この大会ではロシアの連邦警護庁狙撃チームが優勝し、2 位にはベラルーシ大統領警護部隊の狙撃チームが入賞としたことが報じられている。なお、ベラルーシの他に、中華人民共和国、カザフスタン共和国も参加しているようだが、欧州諸国での参加は無かったようだ。

    今大会で優勝したロシア連邦警護庁という組織は、ロシア連邦において大統領をはじめとする、政府の重要人物の警護及び政府庁舎の警備を主任務している政府機関である。

    Text: WT83 - FM201610

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop