ミリコスゲームで近接航空支援 (CAS) も、ナーフガンを搭載したラジコン A-10

ミリタリー模型・フィギュア
ミリコスゲーマーの集まるサバイバルゲーム中に、近接航空支援 (CAS: Close Air Support) を要請し、敵陣営に一撃を見舞わせる状況を夢見たことのある人は多いだろう。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    こちらの映像では、対地攻撃の傑作機、A-10 ワートホッグ (Warthogs) のラジコン版にナーフガンを自作で組み合わせることによって、その特徴的な攻撃シーンを再現している。

    GAU-8 30㎜ ガトリング砲の代わりに、ナーフ次世代ブラスター「ライバル (Rival) 」シリーズの「ゼウス (Zeus) 」を搭載し、12 発のソフトフォームボールを装填。上空から敵の陸上ターゲット目掛けて「Brrrrrrrrr」と発射音を出しながら、0.5 秒ほどの間に全弾撃ち尽くすという。

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
    香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
     香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop