特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
体で操作ができる着用型ジェットスーツのスピードにおいて世界最速記録が打ち立てられた。
今回、ギネスワールドレコーズによって正式認定を受けたのは、英国のハイテク企業「グラヴィティ・インダストリーズ(Gravity Industries)」社の創業者にして自らテストパイロットを務めているリチャード・ブロウニング(Richard Browning)氏。

関連企業:
人間飛行機「JETMAN」がアクロチーム「パトレイユ・ド・フランス」と並んで飛行する動画が話題に

Photo from Guinness World Records
9日、イングランド南部のレディングにあるラグーナ公園の湖を舞台に認定試験がおこなわれ、3度目の試技で見事「時速32.02マイル(=時速51.53キロメートル)」を記録している。
ブロウニング氏が身に着けていた「アイアンマンスーツ(Iron Man Suit)」には、22キログラムの推力を生み出すケロシン(灯油)を燃料としたマイクロガスタービン×最大6発を搭載している。

ウィルトシャー州在住で現在38歳のブロウニング氏。海兵隊の予備役兵士でもある同氏によると、飛行そのものを体得することは「バイクを乗るよりも簡単だ」とのこと。新たな「アイアンマン」を育てるに当たり、数日あれば体得可能だとしている。なおブロウニング氏の元には、既に特殊部隊や捜索救難チームなどからも関心が寄せられているという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop