香港レッドウルフ・エアソフトが『3D MMP ブローニングM2重機関銃』電動エアガンの予約販売を開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
香港を本拠とする大手エアソフト企業の「レッドウルフ・エアソフト(RWA: RedWolf Airsoft)」が、電動エアソフト『ブローニングM2重機関銃』の予約販売を開始した。

Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
総額55万円(銃本体: 2,900ドル(=約30万円)+三脚架: 2,400ドル(=約25万円))にもなるこの大物エアソフトを手掛けるのは、台湾の新鋭ブランド『3D MMP』。


Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
銃本体は重量28,000グラムで全長1,650mm、弾倉には最大2,500発のBB弾の装弾が可能。発射はフルオートのみで、射手は実銃同様に押金トリガー(press lever trigger)を押し込むことで脅威の弾幕を張ることができる。
3DプリントされたM249ギアボックス&インナーバレルの一体成型とバージョン2の内部構造を使用したことにより、作動面での信頼性を担保しているとのこと。


Photo from RedWolf Airsoft (RWA)
トライポッドおよびダミーカートについては別売となっており、約1ヶ月の納期が掛かる。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
オフィス・デューク主催ヒストリカルキャンプイベント「続々・幻の太平洋戦線 ボリボラレ島攻防戦」
『ショットショージャパン2018 Special9』搬入日速報
FK.Industryから3Dプリンター製『VHS-2』電動ガンが新発売
まさにサバゲー用!? スーツなのに動きやすく快適な『WORK WEAR SUIT』が新発売
トラヴィス・ヘイリー(Travis Haley)がサバイバルゲームをプレイ
TMCからヘルメットと接合するデザインフェイスマスク 『G TIER NONE LT R500』が新発売
 オフィス・デューク主催ヒストリカルキャンプイベント「続々・幻の太平洋戦線 ボリボラレ島攻防戦」 (2018-09-19 11:08)
 『ショットショージャパン2018 Special9』搬入日速報 (2018-09-14 21:01)
 FK.Industryから3Dプリンター製『VHS-2』電動ガンが新発売 (2018-09-14 14:19)
 まさにサバゲー用!? スーツなのに動きやすく快適な『WORK WEAR SUIT』が新発売 (2018-09-14 13:13)
 トラヴィス・ヘイリー(Travis Haley)がサバイバルゲームをプレイ (2018-09-13 13:33)
 TMCからヘルメットと接合するデザインフェイスマスク 『G TIER NONE LT R500』が新発売 (2018-09-13 11:40)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop