レッドバック・ワン社のインストラクターによるツーマンセルで平屋を攻略する訓練映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
戦闘訓練サービス提供企業、レッドバック・ワン社 (RB1: Redback One. LLC,) のインストラクターによる、自律駆動のロボットターゲットを使ったツーマンセルでの訓練映像が公開中。1 つ 1 つ確実にこなしていく確かなその所作は、サバイバルゲームの中でも流用の利くものばかりとなり、見どころ多い映像となっている。

関連記事:
Redback One インストラクターによるマラソン・ターゲットを使った CQB 訓練映像

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像は、同社を創設したジェイソン・ファラ (Jason Falla) 氏が公式 YouTube チャンネルで公開したもので、ファラ氏とチームメイトがマラソンロボットに囲まれた建屋へヴィークルで急行し、その後、内部へ侵入し次々とターゲットを撃ち抜くというもの。

    5 日間に設定されたカービン・オペレーター課程の 1 コマとなっており、射撃と移動、コミュニケーションの体得に向けた訓練がおこなわれたとのこと。

    平屋造りの建屋内部には、部屋毎にある壁や屋外を望む窓が多数設けられており、素早くサイドアームへトランジッションし、左右利き腕の切り替え (スイッチ) をおこなうなど死角の攻略にはじまり、カバーリングや数多く存在する敵ロボットへの攻撃に伴う弾倉の交換など、基礎から応用まで幅広い戦技が求められている。

    レッドバック・ワン社を創設したファラ氏は、オーストラリア出身。同国の特殊作戦司令部隷下にある SASR (Special Air Service Regiment) に所属し、中東をはじめとする戦闘地域の最前線で活躍。除隊後は、当時民間軍事会社大手だったブラックウォーター USA (Blackwater USA) 社においてタクティカル・インストラクターとして活動した後、2010 年にレッドバック・ワン社を立ち上げている。

    ファラ氏は 2015 年 6 月に米国に帰化している。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
    半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)
     半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場 (2018-04-12 16:04)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop