NEWS

カラシニコフ社の株が民間企業へ売却。国営ロステックは依然ブロックホルダーに

海外軍事

Photo from Kalashnikov Concern
ロシア国営ロステック社のセルゲイ・チェメゾフ(Sergey Chemezov)CEOが、中東ドバイでおこなわれた航空展示会の席で、傘下に持つ国内最大手の銃器メーカーである「カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)」の保有株51%の内、そのおよそ半分に当たる26%を民間企業へ売却することを発表。政府の承認待ちとなっていることを明かした。

関連記事:
ロシア国営企業 Rostec が Izhmekh 社の株式 51% を民間投資家へ売却

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    カラシニコフ社の株は、これまで49%が民間投資家によって支えられていたが、今回の移行手続きの完了に伴い、その保有率は75%に引き上げられることになる。とは言え、ロステックが25%保有していることになるため、企業ガバナンスを左右する「ブロックホルダー(blockholder, 大株主)」として機能することになる。加えて買い受け先は、「トランス・コンプレクト・ホールディング(TransKomplektHolding)」という民間企業で、同社はカラシニコフ社CEOのアレクセイ・クリボルチコ(Aleksey Krivoruchko)氏がその一部を所有している。

    背景には、世界情勢の中での原油価格の下落と、ウクライナ領クリミア侵攻に伴う欧米からの経済制裁による財政疲弊を反映したもので、昨年にプーチン大統領が打ち出している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop