アメリカ移民・税関執行局の新制式拳銃SIG P320採用のプロセスに疑惑の噂

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Immigration And Customs Enforcement (ICE)
アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)の移民・関税執行局(ICE)が制式拳銃としてシグ・サウアー社のP320を採用し、さらにカービンとして同社のMPXを採用すると予測されている。

Photo: Sig Sauer
SIG P320は2014年に販売が開始されたハンドガンで、様々な口径や銃身長、フレームサイズを組み合わせることができる「モジュラー式」のハンドガン。アメリカ陸軍の新制式ハンドガン「MHS」のコンペにも参加していたことで知られている。

米陸軍 新型制式ハンドガン選定コンペを2015年1月から開催 - ミリブロNews

ICEはダブルアクションオンリーのSIG 229 DAKを採用している他、スカイマーシャルなどDHS傘下の各機関ではシグ社の製品が多く使用されている。いわばシグ社の「お得意様」であるが、採用プロセスについて疑問の声を上げるメディアは多い。

ブログ「WeaponsMan」では、そもそも選定に向けて公開された要求仕様が特定のハンドガンを指している、と指摘している。「ポリマーフレーム」「アンビの操作系」「サイズの変更できるグリップ」など、仕様として指定された事項をすべて満たすものがS&W M&PまたはSIG P320で、しかも当時M&Pは各地の警察で動作不良によるリコールが続いていたためだ。

他にもグロック17と小型のグロック26は使用が許可されているのにP229とほぼ同サイズ・同口径のグロック19が(各特殊部隊でも使用が始まっているほどの信頼性が高いにも関わらず)リストに掲載されていないなど、疑惑を完全に消し去ることは難しい。

「内部の人間」をソースとする噂では、ICEで調達を担当する部署であるOFTPの副責任者がシグ社への「天下り」と引き換えにP320を選んだ、というものもある。陸軍だけでなくSOCOMの各部隊やFBIなど影響力のある機関でハンドガン選定方針が変わりつつあることが報じられている。ICEの判断が過渡期におけるイレギュラーなのか、何かの意図があるのか注視したい出来事である。

Source: ICE Pistol Decision: SIG 320 | WeaponsMan
Rumors that ICE will adopt the Sig P320 and MPX - The Arms Guide

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201612
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop