NEWS

ロシアの武器製造企業 Bazalt が RPG-7 / RPG-7V に替わる新たなグレネードランチャーを開発中

海外軍事 Comments(0)

Photo: via Russian MoD
Image is for illustration purposes only.
ロシアの武器製造企業が、新たなグレネードランチャーの開発に取り組んでいる。7 日、ロシアのメディア各社が伝えた。
対戦車グレネードランチャーや迫撃砲弾薬などの生産で知られる NGO "Bazalt (Basalt) " (НПО "Базальт") で最高責任者を務めるウラジミール・ポルハシェフ (ладимир Порхачев) 氏による発言がそのソースとなっており、同氏は「現行の RPG-7 / RPG-7V に替わる新たなグレネードランチャーのコンセプトモデルを開発中である」「作業は始まっている」「詳細を明かすことは無いだろう」とコメントしている。

関連記事:
RPG-7 の半分の重量、ロシア KBP が開発した世界一コンパクトなグレネードランチャー「BUR」

Bazalt 社はソ連邦崩壊以降において、RPG-7 などの生産を引き継いだ武器製造企業。2007 年、ハイテク産業の強化・発展を軸として国防産業の再建を目指すプーチン大統領が、元 KGB のセルゲイ・チェメゾフ (Sergei Chemezov) 氏を参謀に招聘し、軍事・産業・金融複合企業体である「ロステク (Rostech) 」を創設。2012 年 12 月、Bazalt はロステックを唯一の株主とする公開株式会社 (JSC: Joint Stock Company) となっている。

関連記事:
「RPG-7」コンパチ製品を開発する米国企業が AUSA で新型モデル「PSRL」を展示

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop