NEWS

ロシアの武器製造企業 Bazalt が RPG-7 / RPG-7V に替わる新たなグレネードランチャーを開発中

海外軍事

Photo: via Russian MoD
Image is for illustration purposes only.
ロシアの武器製造企業が、新たなグレネードランチャーの開発に取り組んでいる。7 日、ロシアのメディア各社が伝えた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    対戦車グレネードランチャーや迫撃砲弾薬などの生産で知られる NGO "Bazalt (Basalt) " (НПО "Базальт") で最高責任者を務めるウラジミール・ポルハシェフ (ладимир Порхачев) 氏による発言がそのソースとなっており、同氏は「現行の RPG-7 / RPG-7V に替わる新たなグレネードランチャーのコンセプトモデルを開発中である」「作業は始まっている」「詳細を明かすことは無いだろう」とコメントしている。

    関連記事:
    RPG-7 の半分の重量、ロシア KBP が開発した世界一コンパクトなグレネードランチャー「BUR」

    Bazalt 社はソ連邦崩壊以降において、RPG-7 などの生産を引き継いだ武器製造企業。2007 年、ハイテク産業の強化・発展を軸として国防産業の再建を目指すプーチン大統領が、元 KGB のセルゲイ・チェメゾフ (Sergei Chemezov) 氏を参謀に招聘し、軍事・産業・金融複合企業体である「ロステク (Rostech) 」を創設。2012 年 12 月、Bazalt はロステックを唯一の株主とする公開株式会社 (JSC: Joint Stock Company) となっている。

    関連記事:
    「RPG-7」コンパチ製品を開発する米国企業が AUSA で新型モデル「PSRL」を展示

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop