NEWS

RPG-7 の半分の重量、ロシア KBP が開発した世界一コンパクトなグレネードランチャー「BUR」

海外軍事

© Foto: KBP Instrument Design Bureau
ロシアのトゥーラで高精度武器の製造を手掛ける、ロステック (Rostec) 傘下の KBP 機器設計局 (KBP Instruments Design Bureau) が、再利用可能な世界最小の多用途グレネードランチャーを開発した。

Capture screen: via KBP Instrument Design Bureau
「BUR」と名付けられた、この 62mm グレネードランチャーは、全長 74.2 センチメートル、重量 3.5 キログラムと、軽量コンパクトであることが最大の特徴。旧ソ連製で最も有名な RPG-7 が、およそ 7 キログラムであることと比較すると重量はその約半分となっている。

BUR は、-40 度から 55 度の気温の中で作動し、最大射程 900 メートル以上、有効射程は 650 メートル。ロケットチューブと自己充足式の発射ユニットという、大きく 2 つのコンポーネンツで構成される。発射ユニットについては、ポリマー製となっており、マニュアルセイフティー、トリガー、ピストルグリップ、各種光学機器に対応するブラケットで統合される。

州兵と軍の特殊部隊による試験を成功させており、イズベスチヤ紙等によれば、国内の対テロ部隊や州兵への配備が進められている。

Bur 62mm grenade launcher KBP Russia Russian defense industry military technology


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop