NEWS

ロシアで 9 月 19 日は「鉄砲工の日」

海外軍事

Photo: Rostec
ロシアの国営ハイテク工業製品開発・生産・輸出企業「ロステック」が、9月19日は「鉄砲工の日」としてロシア連邦の祝日であるとし、ロシア鉄砲工及び銃器関連開発者のみならず全ロシア軍需産業者の祝える日と発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「鉄砲工の日」は比較的新しい祝日であり、2011年12月3日にて制定されたという。

    この祝日の設立には伝説的な銃器設計者である故ミハイル・カラシニコフ氏が2010年にイズマッシュ工場を訪問したプーチン首相(当時)に対して、銃器関連の祝日の設立を提案。この提案をプーチン首相は受け止め、是非とも祝日の設立を検討したいとして回答したのがきっかけになったという。

    Text: WT83 - FM201610

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop