NEWS

エクソスケルトンに特徴を持つロシア第3世代「ラートニク」コンバットギア

海外軍事
ロシア大手通信社タス通信によると、中央科学精密機械建造研究所(Precision Machine Building …TsNIITochMash/デジニトクマッシ)が、第3世代ボディ・アーマー「Ratink(ラトニク)」のプロトタイプが完成したようである。

関連記事:
ロシア中央精密機械建造研究所が次世代「ラートニク」のコンセプトモデルを展示

Photo: Mikhail Voskresenskiy/RIA Novosti
この新型アーマーは、電力・水圧などで作動するヒンジ(蝶番)により、着用している兵士の肉体的能力を増大させることができる。また、これらの装置が兵士の体に取り付けられているのでもなければ、ワイヤーで結ばれているわけでもない。あくまでも独立した装置として機能する。このボディー・アーマーにより、兵士の筋肉・関節の負荷を軽減し、負傷を減らすことができる。

ドミトリー・シミゾロフ(デジニトクマッシCEO)は、第3世代ボディ・アーマーは、5-7年以内に製品化されるという。このボディ・アーマーにくわえ、バイザーかゴーグルに情報・標的認識装置などを取り付ける予定だという。

The “Ratnik” body armor


Text: 友清仁 - FM201611

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop