NEWS

エクソスケルトンに特徴を持つロシア第3世代「ラートニク」コンバットギア

海外軍事
ロシア大手通信社タス通信によると、中央科学精密機械建造研究所(Precision Machine Building …TsNIITochMash/デジニトクマッシ)が、第3世代ボディ・アーマー「Ratink(ラトニク)」のプロトタイプが完成したようである。

関連記事:
ロシア中央精密機械建造研究所が次世代「ラートニク」のコンセプトモデルを展示

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Mikhail Voskresenskiy/RIA Novosti
    この新型アーマーは、電力・水圧などで作動するヒンジ(蝶番)により、着用している兵士の肉体的能力を増大させることができる。また、これらの装置が兵士の体に取り付けられているのでもなければ、ワイヤーで結ばれているわけでもない。あくまでも独立した装置として機能する。このボディー・アーマーにより、兵士の筋肉・関節の負荷を軽減し、負傷を減らすことができる。

    ドミトリー・シミゾロフ(デジニトクマッシCEO)は、第3世代ボディ・アーマーは、5-7年以内に製品化されるという。このボディ・アーマーにくわえ、バイザーかゴーグルに情報・標的認識装置などを取り付ける予定だという。

    The “Ratnik” body armor


    Text: 友清仁 - FM201611

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop