NEWS

エクソスケルトンに特徴を持つロシア第3世代「ラートニク」コンバットギア

海外軍事
ロシア大手通信社タス通信によると、中央科学精密機械建造研究所(Precision Machine Building …TsNIITochMash/デジニトクマッシ)が、第3世代ボディ・アーマー「Ratink(ラトニク)」のプロトタイプが完成したようである。

関連記事:
ロシア中央精密機械建造研究所が次世代「ラートニク」のコンセプトモデルを展示

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Mikhail Voskresenskiy/RIA Novosti
    この新型アーマーは、電力・水圧などで作動するヒンジ(蝶番)により、着用している兵士の肉体的能力を増大させることができる。また、これらの装置が兵士の体に取り付けられているのでもなければ、ワイヤーで結ばれているわけでもない。あくまでも独立した装置として機能する。このボディー・アーマーにより、兵士の筋肉・関節の負荷を軽減し、負傷を減らすことができる。

    ドミトリー・シミゾロフ(デジニトクマッシCEO)は、第3世代ボディ・アーマーは、5-7年以内に製品化されるという。このボディ・アーマーにくわえ、バイザーかゴーグルに情報・標的認識装置などを取り付ける予定だという。

    The “Ratnik” body armor


    Text: 友清仁 - FM201611

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop