NEWS

エクソスケルトンに特徴を持つロシア第3世代「ラートニク」コンバットギア

海外軍事 Comments(0)
ロシア大手通信社タス通信によると、中央科学精密機械建造研究所(Precision Machine Building …TsNIITochMash/デジニトクマッシ)が、第3世代ボディ・アーマー「Ratink(ラトニク)」のプロトタイプが完成したようである。

関連記事:
ロシア中央精密機械建造研究所が次世代「ラートニク」のコンセプトモデルを展示

Photo: Mikhail Voskresenskiy/RIA Novosti
この新型アーマーは、電力・水圧などで作動するヒンジ(蝶番)により、着用している兵士の肉体的能力を増大させることができる。また、これらの装置が兵士の体に取り付けられているのでもなければ、ワイヤーで結ばれているわけでもない。あくまでも独立した装置として機能する。このボディー・アーマーにより、兵士の筋肉・関節の負荷を軽減し、負傷を減らすことができる。

ドミトリー・シミゾロフ(デジニトクマッシCEO)は、第3世代ボディ・アーマーは、5-7年以内に製品化されるという。このボディ・アーマーにくわえ、バイザーかゴーグルに情報・標的認識装置などを取り付ける予定だという。

The “Ratnik” body armor


Text: 友清仁 - FM201611

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop