ロシア製電動ガン、NPO AEG の AK-12 が間もなく登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
AK-12といえばロシアのAKシリーズの最新モデル。
2015年あたりからロシア軍への納入も始まっているといわれています。

そんな最新のAKが電動ガンで登場します。

Photo: via NPO AEG official FaceBook
メーカーはロシアのNPO AEG。
別に本当のNPO(特定非営利活動法人)ではなく企業名です。

同社のfacebookページにて開発の進捗が掲載されており、8月30日の投稿ではフィールドトライアルが行われたとのことです。

関連記事:
ロシア NPO-AEG、電動エアソフト「AK-12」を 2015 年に発売?北米の公認輸入販売社が呟き

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ストックの折りたたみや伸長もばっちり。

    Capture screen via NPO AEG official FaceBook
    ハンドガード上下のレイルもよく見えますね。

    独自のアンビセレクターもきちんとライブです。

    Capture screen via NPO AEG official FaceBook
    動画を見る限りはスムーズに可動していました。

    全体的なフォルムはやはりAK系をイメージさせますが、細部はことごとくアップデートされており、まさに現代のAKと呼べる仕上がりにあっています。

    Capture screen via NPO AEG official FaceBook
    AK-100系よりもさらに進化したAK-12だけにエアガン化を待っていた人も多いのではないでしょうか。

    発売時期や価格、そもそも国内発売があるのかも不明ですが、興味ある人はぜひ期待して続報を待ちましょう。

    AK 12 test for compatibility with various magazine brands

    Text: 乾宗一郎 - FM201609

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
    半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)
     半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場 (2018-04-12 16:04)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop