ロシア製電動ガン、NPO AEG の AK-12 が間もなく登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
AK-12といえばロシアのAKシリーズの最新モデル。
2015年あたりからロシア軍への納入も始まっているといわれています。

そんな最新のAKが電動ガンで登場します。

Photo: via NPO AEG official FaceBook
メーカーはロシアのNPO AEG。
別に本当のNPO(特定非営利活動法人)ではなく企業名です。

同社のfacebookページにて開発の進捗が掲載されており、8月30日の投稿ではフィールドトライアルが行われたとのことです。

関連記事:
ロシア NPO-AEG、電動エアソフト「AK-12」を 2015 年に発売?北米の公認輸入販売社が呟き
ストックの折りたたみや伸長もばっちり。

Capture screen via NPO AEG official FaceBook
ハンドガード上下のレイルもよく見えますね。

独自のアンビセレクターもきちんとライブです。

Capture screen via NPO AEG official FaceBook
動画を見る限りはスムーズに可動していました。

全体的なフォルムはやはりAK系をイメージさせますが、細部はことごとくアップデートされており、まさに現代のAKと呼べる仕上がりにあっています。

Capture screen via NPO AEG official FaceBook
AK-100系よりもさらに進化したAK-12だけにエアガン化を待っていた人も多いのではないでしょうか。

発売時期や価格、そもそも国内発売があるのかも不明ですが、興味ある人はぜひ期待して続報を待ちましょう。

AK 12 test for compatibility with various magazine brands

Text: 乾宗一郎 - FM201609

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop