【光学機器】ロシア製T-1? Швабе(シュワーベ)の「ПКУ-2(PKU-2)」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ミリタリーやLE、あるいは民間市場でもコンパクトなドットサイトは人気があり多用されている。
そして欧米のみならずロシアでもコンパクトなドットサイトがリリースされた。
それがШвабе(シュワーベ)の「ПКУ-2(PKU-2)」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Швабе ПКУ-2 (PKU-2) via Rostec
    AimpointのT-1に似た印象の小型のチューブドットだ。
    もともとシュワーベ(http://shvabe.com/)は航空宇宙製品を得意とするロシアの精密機器メーカーで各国の航空ショーや兵器ショーなどではおなじみの存在。その中の光学部門からリリースされた製品となる。

    素材はD16アルミ合金で使用可能温度は-40〜50℃、レッドドットはIR対応の12段階、電源はCR3032、サイズは62x52x53mm、重さはマウント込みで140gとのこと。


    Photo: Швабе ПКУ-2 (PKU-2) via BLIZKO
    ロシアの大手ディーラー・BLIZKO.ruでの販売価格は23,250ルーブル(約41,500円)。

    http://salon-optiki-shvabe.blizko.ru/products/50113797-pritsel_kollimatorny_pku_2

    両目で狙うドットサイトはチューブ径が細くても問題ないため、結果的にコンパクトにまとめられる。ロシアからこのような欧米っぽい光学機器が登場しても不思議ではないだろう。

    出典:http://rostec.ru/news/4519540

    Text: 乾宗一郎 - FM201612

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)
     シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開 (2018-06-14 19:52)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop