NEWS

ロシア治安機関の再編で新設された「国家親衛軍」が「ORSIS T-5000」スナイパーライフルを取得か

海外軍事

Photo: via Федеральная служба войск национальной гвардии Российской Федерации
Image is for illustration purposes only.
4 月 5 日、ロシアのプーチン大統領が、治安機関の再編を発表し、大統領直属の「国家親衛軍 (voysk natsional'noy gvardii) 」の創設を盛り込んだ大統領令に署名した。この再編により創設された新たな武力機関「国家親衛軍 (voysk natsional'noy gvardii) 」が、新型のスナイパーライフルを取得するかもしれないとして、イズベスチヤ紙をソースにタス通信などが報じている。


Photo: T-5000 via ORSIS
国家親衛軍の特殊部隊、偵察部隊へ配備予定とされるのは、産業技術グループ (GK Promtekhnologiya) ORSIS ライフル工場により開発されたボルトアクション式の高精度スナイパーライフル「T-5000」。

関連記事:
スペイン軍の特殊部隊がロシア製スナイパーライフル「ORSIS T-5000」を使ってイラク軍兵士を訓練

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    イズベスチヤ紙によると ORSIS T-5000 がトライアルを通過した場合、「民間の防衛企業によって製造され、国内の法執行機関に採用される銃器の第 1 号になるかもしれない」とのこと。また、「現在、第 604 特殊部隊訓練センター "ビチャズ (Vityaz) " は、7.62x51mm 弾の ORSIS T-5000 をテストしており、第一陣については昨年、2015 年の後半に引き渡しがおこなわれていた」としている。

    また国家親衛軍は、再軍備計画における初期の段階で、数ダースの T-5000 を取得するものと考えられており、T-5000 の採用に合せて、新たな光学照準器の取得計画も進められている模様。


    via ORSIS
    ORSIS T-5000 は、7.62 x 51 mm (.308 Winchester)、.300 Winchester Magnum、.338 Lapua Magnum と、3 種の使用弾薬で展開している。各種における緒元については上図の通り。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop