実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像

海外軍事 ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)

ロシアの技術企業が軍事研究機関と協力して、二挺拳銃持ちでの攻撃を可能としたヒト型キラーロボットの実動映像を公開した。(該当の映像は1分2秒から)

関連記事:
ロシアで研究中のレスキューロボット「ヒョードル」が芸達者で多機能

映像はドミトリー・ロゴージン (Dmitry Rogozin) 連邦政府副首相が14日に公式ツイッターで紹介したことで、現在までに各国の情報サイトに紹介され話題となっている。
「ヒョードル(FEDOR)」と呼ばれるこのロボットは、ロシア初の人型ロボットを目指して開発が進められている。元々は「レスキューロボット」として開発が進められているが、将来的には宇宙へ送り込む計画で、都市環境での自律的な活動の他、道具の利用、車輌の運転など、様々な動作の実現を目指している。

なお、ヒョードルは「Final Experimental Demonstration Object Research」の頭文字が充てられたもので、日本語表記では「最終実験実証物体研究」と訳されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop