NEWS

ロシア陸軍が 2016 年内に新型 40mm 自動擲弾銃「バルカン (6G27) 」を導入予定

海外軍事

Photo: via Wikimedia Commons
TekhMash 社(ロシアの国営ハイテク工業製品開発・生産・輸出企業「ロステック」の傘下企業の一つ)の局長はロシア連邦軍向けに開発した最新型40mm自動擲弾銃“バルカン”(6G27)の試験が年末前に終わるだろうと発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    40mm自動擲弾銃“バルカン”(6G27)は歩兵が容易に携行できるように三脚架を含めており、2016年にもロシア連邦軍に納入できるだろうとしている。またカラシニコフ社が開発している遠隔操作式無人銃架(RWS)「MBDU(MODUL Boyevoy Distantsionno Upravlyaemiy)」にも搭載可能であるという。

    関連記事:
    カラシニコフ、初の遠隔操作式無人銃架「MBDU」を公開

    40mm自動擲弾銃“バルカン”(6G27)の特徴の一つとして最大射程距離 2500mを誇り、これは西側諸国を代表する自動擲弾銃Mk19の射程距離を上回っており、旧ソ連が開発したAGS-17自動擲弾銃を遥かに上回る性能を誇るという。

    Text: WT83 - FM201610

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop