NEWS

ロシア陸軍が 2016 年内に新型 40mm 自動擲弾銃「バルカン (6G27) 」を導入予定

海外軍事

Photo: via Wikimedia Commons
TekhMash 社(ロシアの国営ハイテク工業製品開発・生産・輸出企業「ロステック」の傘下企業の一つ)の局長はロシア連邦軍向けに開発した最新型40mm自動擲弾銃“バルカン”(6G27)の試験が年末前に終わるだろうと発表した。
40mm自動擲弾銃“バルカン”(6G27)は歩兵が容易に携行できるように三脚架を含めており、2016年にもロシア連邦軍に納入できるだろうとしている。またカラシニコフ社が開発している遠隔操作式無人銃架(RWS)「MBDU(MODUL Boyevoy Distantsionno Upravlyaemiy)」にも搭載可能であるという。

関連記事:
カラシニコフ、初の遠隔操作式無人銃架「MBDU」を公開

40mm自動擲弾銃“バルカン”(6G27)の特徴の一つとして最大射程距離 2500mを誇り、これは西側諸国を代表する自動擲弾銃Mk19の射程距離を上回っており、旧ソ連が開発したAGS-17自動擲弾銃を遥かに上回る性能を誇るという。

Text: WT83 - FM201610

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop