NEWS

英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い

海外軍事

Photo from UK Army
This photo is for illustration purposes only.
アフガニスタンでの戦いは終わることなく、再びタリバンをはじめとした過激派グループの前に陥落。アフガン全土407地域の内、英軍戦死者454名を出したヘルマンド州を含めて、そのおよそ半数が過激派組織によって支配されているという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    事態を重く見た英国は、陸軍特殊部隊SASを来月末までに現在の50名体制から100名体制に増強する策に打って出るようだ。連隊史上で最長記録となるアフガニスタンでの戦いの中で、SASは米軍「統合特殊作戦司令部(JSOC: Joint Special Operations Command)」隷下の最精鋭チームと共に、直接行動(DA)を含めた様々なミッションをこなしてきた。

    SASのプロパガンダ報道を得意とする国内タブロイド紙「デイリースター」によると、アフガニスタンで展開するSASの一部は、タリバン司令官の「抹殺令」を受けた精鋭スナイパー最大15名から構成されるとし、アフガニスタン特殊部隊の支援を主務としながらも、ほぼ毎日のように同国内の戦闘に関わりを持っているとしている。
    タグ :SAS特殊部隊

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop