「MCX Rattler」は『SASの仕様要求に応えて開発』。SIG社CEOが経緯を語る

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米国の大手軍事情報サイト「ミリタリー・タイムズ」が、元海軍特殊部隊SEAL隊員クリント・エマーソン(Clint Emerson)氏を起用した、シグ・サワー社の新製品紹介映像を投稿した。

エマーソン氏は、20年に渡って世界各国でおこなわれた特殊作戦に従事した人物。SEAL時代には最精鋭のエリート隊員が集う「ST6(SEAL Team 6(a.k.a.DevGru)」に在籍した他、「国家安全保障局(NSA: National Security Agency)」でも勤仕している。

関連記事:
元・SEAL Team 6 (DevGru) 隊員によるイラスト実践本「100 Deadly Skills」が発売

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    シグ社カービンシリーズ「MCX」の新製品として昨秋に発表された『Rattler』は、薄型で携行性に優れたデザインと、素早い展開に特化した機能性、.300BLKによる近距離での高い攻撃力に特徴を持つ。

    関連記事:
    シグ社・PDW用途向け超短縮型カービン「MCX Rattler」を発表

    タイムズによると、特殊部隊による市街地での「コバートオプス(秘密裏に行われる作戦)」に打って付けなこの銃について、シグ社のロン・コーエン(Ron Cohen)CEOが「英陸軍特殊部隊SASの隊員らが、特定の仕様を満たした武器を探し求めて当社を訪れた」「その後にこの武器はデザインされた」と言及しており、SASの要求を元に開発した経緯を明かしている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop