シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
2017年に発売になった「第2世代MCX」であるMCX Virtusは銃身やストック、アッパーレシーバーなどを自由に選び、実に500パターン以上の組み合わせを作ることができるモジュラー式自動小銃。各国特殊部隊での採用が続いているが、この利用シーンや耐久テストの様子を捉えたプロモ動画が公開されている。

Image from YouTube video
Virtusでは先代から銃身が肉厚になりアクセサリー装着ポイントがKeymodからM-lokに変更された。ガスピストンまわりも細かい変更が行われ動作性・整備性が向上している。5.56mm、.300blk口径の9インチ、11.5インチ、16インチの銃身が使用できるほか、より短い「Rattler」アッパーレシーバーでは5.5インチというPDW仕様にすることも可能だ。

関連記事:
シグ社・PDW用途向け超短縮型カービン「MCX Rattler」を発表 - ミリブロNews

ロングバージョンの動画では耐久テスト・精度テストの様子を見ることもできる。
SIG MCX VIRTUS Torture Testing - YouTube


Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201806
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop