NEWS

【光学機器】SIG SAUERのドットサイト「ROMEO4」がFBIの正式採用を獲得

海外軍事

Photo: via SIG SAUER official website
SoldierSystemsの記事によると、FBIのパトロールライフル用オプティクスとしてSIG SAUER社の「ROMEO4」が決定し正式採用となった。納入は2017年から。

関連記事:
FBI (米連邦捜査局) の「人質救出チーム (HRT) 」が Aimpoint 製マイクロサイトを採用

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: SIG SAUER ROMEO4 Red Dot Sight
    このROMEO4はTFBにおいて「AimpointのT1より優れている」という記事が掲出されたり、アメリカ市場での評価も高いなど、あちこちで話題となっていたモデルだ。

    参考URL:http://www.thefirearmblog.com/blog/2016/11/18/exclusive-fbi-approves-use-sig-romeo4m/

    SIG Electro-Optics ROMEO4 Red Dot Sight

    自動調光機能やオートカットオフ、50,000時間のバッテリーライフやIPX-8相当の防水機能、2MOA+サークルのIR対応ドットなどの特徴を備え、なおかつ実勢価格はハイマウントが付属して400USドル程度。
    これらを見る限りでは、コストパフォーマンスが非常に高そうだ。

    なお、この記事では「中国製ではないか」とし、その生産国を危惧するコメントが目立ったが、ROMEO4はどうやら日本製の模様。(ロットによるかは不明)


    Table: via optics-trade.eu
    これはoptics-trade(https://www.optics-trade.eu/)のスペックシートだが、最下段には「Made in Japan」の文字が見える。これを受けて「日本製なら安心だ」というコメントと共に、品質を危惧する書き込みは収束を見ている。

    なお、FBIへは2017年から段階的に納入・更新されるという。

    出典:http://soldiersystems.net/2016/11/29/sig-sauer-congratulates-tidewater-tactical-on-fbi-solicitation-win-for-red-dot-sight/

    Text: 乾宗一郎 - FM201612

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop