NEWS

ドイツ軍のG36後継小銃選定レースからシグ社が離脱を表明。「技術要件がHK社に有利だ」と不満を漏らす

海外軍事

Foto: Bundeswehr/D.Hecker
This photo is for illustration purposes only.
ドイツ連邦軍(Bundeswehr)制式小銃「G36」の後継を狙った選定レースにおいて、有力候補の1つとみられていたシグ・サワー(SIG Sauer)社が24日、コンペからの離脱を発表した。離脱の背景についてシグは、提示されている技術的要件があまりにも「ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler and Koch)社」にとって有利であるとして、コンペの不公平さを訴えている。

既報の通り、G36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム(Sys StG Bw: System Sturmgewehr Bundeswehr)」計画への参入に当たって、「サプライヤー企業は米国の掲げる【国際武器移転規制(ITAR: International Traffic in Arms Regulations)に該当しない製品】であること」が求めらており、たとえドイツ製品であったとして、高品質の米国技術を利用することは不可能となる。このことについてシグ社は「この制限が設けられた中で、連邦軍の特殊部隊が運用するような新しいアサルトライフルは存在しないだろう」とも皮肉めいている。

関連記事:
「国際武器移転規制(ITAR)」に非該当が条件。ドイツ連邦軍のG36後継小銃選定から米国企業が締め出し?

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    また、連邦軍への供給実績を持たない企業にとっては、参入への高い壁が設置されていたようだ。その根拠としては、要求される弾薬のテストが該当するとのこと。なお、シグ社はその要件を満たす弾薬へのアクセスが拒否されており、今回のコンペ参加において大きく出遅れた要因の1つに挙げられている。

    これらのことから、今回の「出来レース」については疑惑の目が向けられており、ドイツ通信社DPA(Deutsche Presse-Agentur)によると、「国防省は申し立てに対して公共調達であることを理由に回答を拒否している」とのこと。一方のシグ社は「コンペ用モデルの提供に当たって、提案までの時間があまりにも短すぎる」とも不満を漏らしている。


    Photo: SIG MCX
    シグ社は今回のコンペに「ドイツ・米国の合弁企業入札事業者」として参加し、最新モデルの新型マルチキャリバーライフルである「SIG MCX」を持ち込んでいたが、その撤退表明によって、大本命のヘッケラーアンドコッホ社の「HK416」「HK433」と、ラインメタル×ステアー社の連合チームが提案する「RS556」が残留。この他に欧州メーカーが残留している可能性もあるようだ。

    シグ社離脱表明の一報は、ドイツ各紙を賑わしているが、大方は120,000挺、2億4,500ユーロ(=約325億円)の受注をHK社が手にする方向で同調しているように見える。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル
    米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)
     クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル (2018-02-20 19:02)
     米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示 (2018-02-20 16:55)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop