SKW Airsoftよりエアソフトゲーム用C4爆弾「BLASTER」が新登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
U.S. SHOT SHOW 2017の会場において、エアソフト(サバゲ)用の設置型地雷「BLASTER」が発表された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    メーカーはスペインのSKW Airsoft(http://www.skwairsoft.com/en/)だ。

    動作には電動ガン用のバッテリーを使用する。
    電源接続から20秒後、内蔵のモーションセンサーのスイッチがONになり、本体の正面を横切ったりすると振動や音によって爆発を知らせるという仕組みになっている。

    屋外でも使えるが、基本的にインドアフィールドで効果を発揮するという。

    2017年4月の発売予定で価格は未定。

    同社は爆弾型フラッグシステムなど「爆発物系のエアソフトアイテム」をいくつかラインナップしており、今回のBLASTERでも新しい遊び方を提唱してくれそうだ。

    関連記事:
    サバゲに新たな可能性? バッテリー駆動の本格ダミー爆弾、Duel Code「Bomb Simulator」が新登場

    Text: 乾宗一郎 - FM201702

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop