サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
特殊部隊・司法執行機関にサイレンサーを納入しているGEMTECHが、USSOCOMで行われているというサイレンサーの試験の手順について動画で紹介している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    試験は8本のマガジン、合計240発で行われる。手順は以下の通り。動画中では各テストの最初だけを紹介し途中は早送りされている。なおHK416が使用されているが、実際に使用される小銃については不明である。
    #1. 1秒1発
    #2. 1秒2発
    #3. 1秒1発
    #4. 3~5点バースト射撃
    #5. 1秒1発
    #6. 1秒2発
    #7. 1秒1発
    #8. 全弾フルオート


    Screen shot from GEMTECH Silencer YouTube channel
    かなり熱を持つようで、試験終了後、木箱にマズルを押し付けると木が焦げて形が焼きつけられる。GEMTECH社のロゴがサイレンサーの銃口をモチーフにしているのがよく分かるシーンでもある。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop