【海外エアガン】台湾のエアガンメーカーSRC、新社屋ビルが完成

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo: via SRC Airsoft official FaceBook
他とはちょっと違う独自のラインナップで知られるメーカーが台湾のSRC Airsoft。

筆者も電動ガンのXM8を持っていますが、それなりに品質が高くさすが台湾製と思えるメーカーです。
そのSRCの新社屋ビルが完成し、まもなく移転作業に入ると同社のfacebookページで紹介されました。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: via SRC Airsoft official FaceBook


    Photo: via SRC Airsoft official FaceBook


    Photo: via SRC Airsoft official FaceBook
    SRC:http://www.starrainbow.com.tw/
    ちなみに同社の新製品で話題となったのがこのMANBAシリーズ。
    フルカバータイプのロングハンドガードが特徴的ですね。
    ストックやグリップ、サイトなどもなかなかおもしろい仕様になっています。

    また、かつてラインナップしていたXM8も独自仕様に発展しています。
    4面フルレイルと時代を逆行していますが、ベースとなったG36に近いデザインは結構アリなんじゃないでしょうか。

    他にもガスブローバックハンドガンなどをラインナップしていますが、金属製だったりCO2仕様だったりと日本国内への持ち込みにハードルがあるものもあります。しかし電動ガンであればパワーさえ落とせばOKというものがほとんど。

    上記の電動ガン、ちょっといいかな?と思った人も多いのではないでしょうか。

    Text: 乾宗一郎 - FM201611

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催
    「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』
    スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画
    イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
    ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催
    7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始
     元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催 (2017-06-26 20:30)
     「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』 (2017-06-23 19:57)
     スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画 (2017-06-22 18:39)
     イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定 (2017-06-22 15:18)
     ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催 (2017-06-20 14:36)
     7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2017-06-20 13:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop