ブルパップ式自動小銃「ステアー・AUG」40周年記念モデル発売

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
オーストリアのシュタイヤー・アームズが作り出した「AUG」は、樹脂ストックに光学照準器、セミ/フルをトリガープルで撃ち分けるという、今日の目で見ても斬新なブルパップ式小銃だ。この小銃の生誕40周年にあたり、記念モデルが生産される。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    記念モデルはオーストリア陸軍に当初納入された「StG.77」に近い近年流行りのピカティニーレールなどを備えないスムーズなレシーバーを使用、当時の雰囲気を再現している。とはいえ特徴的な1.5倍率の光学照準器は特殊なツールを必要とする調整方式から一般的なコインドライバーを用いるようになっているなど、利便性を向上させる改修も行われている。

    またストックにはシュタイアーの「ブルズアイ・ロゴ」と「STG77 40th Anniversary」の文字が入る。希望小売価格2625ドル(約29万円)と高価だが、コレクション性の高いアイテムだ。

    Source: STG 77, Steyr Arms, AUG 40th anniversary limited edition

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201708
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に
    米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討
    ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に (2018-01-16 14:52)
     米海兵隊が状況認識能力の向上を狙って、ライフルマウント型の映像ストリーミング装置導入を検討 (2018-01-16 13:10)
     ラトビアが「AK-4」アサルトライフルからのリプレイス案件でH&K社と契約。「G36」の供給が始まる (2018-01-16 11:26)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     米海兵隊・武装偵察部隊「フォース・リーコン」による派兵前訓練の映像が公開 (2018-01-12 19:49)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop