NEWS

サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売

海外軍事

Photo from Safariland
ホルスター製品の開発などで知られている米国のサファリランド(Safariland)は12日、純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」の発売開始を発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Safariland


    Photo from Safariland
    高性能の戦術用通信製品で知られている独自のTCI技術が投入されシングル/デュアルに対応。業界初の機能を幾つか備えており、軍・法執行機関で従事するオペレーターに向けて安全な通信を提供し、オーディオプロファイルのカスタマイズを容易としている。


    Photo from Safariland
    今回の新製品開発においてTCI幹部は、「次世代の戦術用ヘッドセットを設計するために、我々は例外的な高精細音響技術の開発に力を入れた」「社内のエキスパートと最新のラボを使って、これまでのモデルの価格を維持しながらも、業界最高品質の送受信オーディオを開発した」と自負している。

    リベレーターIV・Vは、業界初の「デュアルフュエル・システム」を導入しており、その駆動はAAA(単四電池)またはCR123×2個。250種類以上の戦術通信無線機との互換性を持ち、電子雑音圧縮と能動的騒音解除を備えた最初の製品となっている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画 (2018-02-13 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop