反動をほぼキャンセルできる不思議なオートマチックライフル「サイガ MK-107」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
弾が重たければ重たいほど、初速が高ければ高いほど、発射時に弾が銃を押す力は強くなり銃口は大きく跳ね上がる。これをキャンセルするためにKRISS社のVector SMGの「Super V」など、色々なシステムが研究されてきた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    特にロシアでは旧ソ連時代からこうした反動キャンセル機構の開発が活発である。サイガ・MK-107は軍用のAK-107から転用されたモデル。輸出を重視し.223レミントンを採用しているが、ロシアの5.45×39 mmモデルも用意される。

    MK-107は発射と同時にカウンターウェイトを前方に振り出す「バランスド・アクション」方式によってボルトの動きを相殺し、反動を軽減している。

    かなりの効果があるようで、こちらの動画では発射ガスで銃口の動きを抑制するマズルブレーキとあいまって、ほぼ反動をキャンセルできている。

    Saiga MK107 Russian IPSC shooter Oleg Rybalkin - YouTube

    以前、元デルタのラリー・ヴィッカーズも一般的な機構の自動小銃と撃ち比べているが、その反動の少なさに驚きを隠せなかったようだ。
    Russian AK-107 - YouTube

    ロケット推進方式やレーザーガンでもない限り、反動処理の問題はついてまわる。まだまだ「思いつき」のレベルを出ないシステムも多いが、ホットな分野ではないだろうか。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201608
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    今度のMMMはサバイバルゲーム!現代戦イベント『MMM2018JUL』が7月28日(土)・29日(日)に開催
    装備好きイベントゲーム、第1回「GEAR ADDICT presented by KING」が開催
    香港メーカー「ARES Airsoft」から『AMOEBA STRIKER AS-02』が近くリリース予定
    SYSTEMAから89式小銃のトレーニングウエポンが登場予定
    WE Airsoftの新製品「65式歩槍」のデモンストレーション動画
    豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
     今度のMMMはサバイバルゲーム!現代戦イベント『MMM2018JUL』が7月28日(土)・29日(日)に開催 (2018-07-13 13:43)
     装備好きイベントゲーム、第1回「GEAR ADDICT presented by KING」が開催 (2018-07-11 11:38)
     香港メーカー「ARES Airsoft」から『AMOEBA STRIKER AS-02』が近くリリース予定 (2018-07-10 12:44)
     SYSTEMAから89式小銃のトレーニングウエポンが登場予定 (2018-07-10 12:27)
     WE Airsoftの新製品「65式歩槍」のデモンストレーション動画 (2018-07-06 12:11)
     豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop