シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

A screenshot from 101st ABN DIV (AASLT) MHS Fielding (Part.2) trailer
米陸軍で配備が進んでいる「モジュラー・ハンドガン・システム(MHS: Modular Handgun System)」。来年春の終わり頃には、特別コマーシャル版としてフルサイズ版「M17」が限定5,000挺で市販される予定にある。大手軍事情報サイトのミリタリードットコムが、シグ・サワー(SIG Sauer)社のマーケティング部門トップ兼民間販売部門の執行副社長であるトム・テイラー(Tom Taylor)氏の発言を伝えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo Credit: Sgt. Samantha Stoffregen
    シグ社のP320ピストルをベースとしたMHSは今年1月に、現行制式ピストルであるM9からのリプレイスを狙ったコンペにおいて、ベレッタ、グロック、FNアメリカ社からの提案を押しのけ、最大5億8,000万ドル(=約654億円)におよぶ契約を獲得。今後10年に渡る契約の中で、陸軍に向けてフルサイズ版M17、コンパクト版M18の供給がおこなわれ、11月27日にはケンタッキー州フォート・キャンベルの第101空挺師団(空中強襲)に、その真新しいピストルが届けられている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop